2005年04月03日

ホテル・ニューハンプシャー (1984)

『ホテル・ニューハンプシャー (1984)』

妹「何故これをレンタルしてきたの?」
私「昔、映画雑誌に取り上げられていたから・・。
  こういう内容だとは、知らなかったの・・・。」

姉の威厳が減った作品
【関連作品】

【詳細】

原題 THE HOTEL NEW HAMPSHIRE

上映時間  109 分
製作国   アメリカ
公開情報  松竹富士
初公開年月 1986/07
ジャンル  コメディ

監督: トニー・リチャードソン Tony Richardson
製作: ニール・ハートレイ Neil Hartley
原作: ジョン・アーヴィング John Irving
脚本: トニー・リチャードソン Tony Richardson
撮影: デヴィッド・ワトキン David Watkin
音楽: レイモンド・レポート
 
出演: ジョディ・フォスター Jodie Foster 長女フラニー
   ロブ・ロウ Rob Lowe 次男のジョン
   ポール・マクレーン Paul McCrane 長男フランク
   ボー・ブリッジス Beau Bridges ウィン・ベリー
   ナスターシャ・キンスキー Nastassja Kinski
   アマンダ・プラマー Amanda Plummer 熊のぬいぐるみを着た娘スージー
   ウィルフォード・ブリムリー Wilford Brimley
   リサ・べインズ メアリー
   ウォーレス・ショーン フロイト
   ウィルフォード・ブリムリー) 父アイオワ・ボプ
   ジェニー・ダンダス 次女リリー
   セス・グリーン 三男エッグ
   マシュー・モディン ダブ
   マシュー・モディン2役 エルンスト


【ストーリー】【ネタバレ注意】

第2次大戦前夜の1939年。ハーバード大学入学をめざすウィン・ベリーは、メイン州アーバスノットのホテルでアルバイト中に同郷のメアリーと出会い恋におちた。そこは、ユダヤ人フロイトと、熊の曲芸を売りものにしているホテルだったが、ウィンは、いつしか熊のいるホテルを経営したいと思うようになっていた。

メアリーと結婚したウィンは、5人の子供の父親になった。祖父アイオワ・ボプがフットボールのコーチをしている高校で、教師をしていたウィンは、家族全員がいっしょにいられることを理由にホテル経営にのり出した。

メアリーの母校である女学校を買いとって改造された「ホテル・ニューハンプシャー」は、こうして生まれる。

子供たちは、このホテルで成長していく。同性愛者の長男フランク、美しくてしっかり者の長女フラニー、姉を熱愛する次男のジョン、成長のとまった文学少女の次女リリー、そして耳の不自由な三男エッグ。

ロウィンの夜、フラニーに憧れていたダブと、その仲間がフラニーをレイプするという事件が起きた。

こうした様々な出来事や、青春の悩みに戸惑いながらも、月日は流れていった。

はじめは順調だったホテル経営も、祖父の急死の頃から傾き始めた。

そんなある日、消息の絶えていたウィーンのフロイトから、熊のいるホテルを、手に入れたので経営を手伝って欲しいと頼まれ、一家はオーストリアに渡ることになった。

しかし、メアリーとエッグが、途中飛行機事故に遭い死んでしまう。ウィーンは、予想に反して、すさんでいた。フロイトは、ナチの為に盲目になり、熊のぬいぐるみを着た娘スージーは、心に傷をもつ内向的な性格だった。

なじみのない土地で、ホテルのたて直しに心血を注ぐ一家。第2の「ホテル・ニューハンプシャー」も軌道にのった頃、ホテルをアジトとしていたエルンストを中心とするテロリストたちが、オペラ座爆破未遂事件を起こし、その犠牲となってフロイトが命を落とし、ウィンも視力を失った。

オペラ座を救った一家として、また同時に、リリーが書いた一家の物語「大きくなりたくて」がベスト・セラーになったため、一家は一躍有名になり、彼らはスージーを連れて、アメリカに戻った。

フラニーとジョンは、遂に姉弟の一線を超えた。全てが順調だった。しかし、第1作目のように2作目が成功しなかったリリーは「大きくなれなくてごめんなさい」という言葉を残し、ホテルの窓から飛び降り自殺をしてしまう。

多くの愛する者たちを失ったベリー一家は遂に、アーバスノットの地にたどり着いた。ウィンが抱き続けてきた夢が、メアリーとの思い出の地で実現したのだ。

結婚するフラニー。姉への想いをふっきって、スージーを愛するジョン。彼によって初めてぬいぐるみを脱ぎ捨てたスージー。彼らの新しい人生が始まろうとしていた。
 

posted by ルチダ at 16:09| Comment(1) | TrackBack(1) | ● 青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2762154

この記事へのトラックバック

★「ホテル・ニューハンプシャー」、悲しみよ、コンニチハ★
Excerpt: 「ホテル・ニューハンプシャー」 (1984) 米 THE HOTEL NEW HAMPSHIRE 監督:トニー・リチャードソン製作:ニール・ハートレイ原作:ジョン・アーヴィング脚本:トニー・リ..
Weblog: ★☆カゴメのシネマ洞☆★
Tracked: 2005-09-20 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。