2005年03月16日

食人族 (1981)

『食人族 (1981)』

大亀の甲羅を剥いで解体するシーンが
動物愛護団体の逆鱗に触れたためイタリアでは上映禁止
となったいわく付きの映画。

小学生当時は、18禁などなかったので、
ドキドキしながら、観たものの、
なんだそれ?で、終わり、ガックリしました。

それでも、
実録映画(大嘘)と宣伝されていたので、
女性に罰を与えるシーンは、真に受けてしまい、
トラウマでした。


メモ
posted by ルチダ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

アナトミー (2000)

さすが、ドイツです

【原題】ANATOMY

解剖(術,学); 分析(的研究); (動植物の)構造; 人体.

三省堂提供「EXCEED 英和辞典」より
詳細
posted by ルチダ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テシス/次に私が殺される (1996)

「なぜ、人々は、残酷な映像を見るのか?」

なかなか興味深く面白かったです
詳細
posted by ルチダ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

es [エス] (2001)

《公開時コピー》
心理学会を震撼させた“実験”
被験者求む。
・拘束時間:2週間
・報酬:4000マルク
・応募資格:不問
・実施場所:大学内模擬刑務所


この実験は、ドキュメンタリー紹介番組で、見たことがありました。
かなり、脚色されているけど、考えさせられる映画です。詳細
posted by ルチダ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

CUBE2 (2002)

グロ度は、激減しています。

*ダーリン検閲:モッテノホカ!!!詳細
posted by ルチダ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CUBE (1997)

《公開時コピー》
世界を犯す、騒がしい絶望。
カナダの恐るべき新鋭がおくる、20世紀の言葉では語れないオーヴァー・ジャンル・ゲーム・ムーヴィー。




*ダーリン検閲:モッテノホカ!!!詳細
posted by ルチダ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ・政府・社会・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。