2005年03月24日

ダーティハリー4 (1983)


『ダーティハリー4 (1983)』

父がこのシリーズを好み、一緒に観ていました。

メモ

ダーティハリー3 (1976)


《公開時コピー》
77年《正月》巨大な10大見せ場をひっ下げてダーティハリーが帰って来た!
シスコ市長を誘拐した過激派軍団に バズーカ砲をひっ下げて ダーティハリーが挑む!

メモ

ダーティハリー2(1973)


『ダーティハリー2(1973)』

      《公開時コピー》
   息もつかせぬダーティハリー第2弾! 
    豪快アクションが連続炸裂!
  必殺拳銃マグナム44がシスコに唸るとき 
    巨大な12の見せ場をひっ下げて 
     燃えるハリーが帰ってくる!メモ

ダーティハリー (1971)

『ダーティハリー (1971)』

《公開時コピー》
汚れた英雄か!孤独の狼か!メモ

トワイライトゾーン/超次元の体験 (1983)



『トワイライトゾーン/超次元の体験 (1983)』

     《公開時コピー》
    あなたは今、次元を超えて
   底知れぬ驚きと謎に満ちた世界へ
    入ろうとしているのです

第4話のジェット旅客機の翼部分でいたずらしている
・・・なんだっけ?
好きだったなー?

メモ
posted by ルチダ at 15:51| Comment(2) | TrackBack(1) | ● ホラー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986)


『世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986)』

お父さんが、ミイラ俳優のお話が好き♪

メモ
posted by ルチダ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ● コメディ (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク (1985)


『リンク (1985)』

これのお蔭で、チンパンジーを見ると、絶対何か企んでいるのでは?
と、思ってしまう。

メモ
posted by ルチダ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ● ホラー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピラニア (1978)


『ピラニア (1978)』

すごく昔に見たような・・・?

メモ
posted by ルチダ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ・パニック/海・川・湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

半落ち (2003)



『半落ち (2003)』


      《公開時コピー》
   男はなぜ、最愛の妻を殺したのか――
 男はなぜ、あと1年だけ、生きる決心をしたのか――?


・・・忘れた・・・オモイダセナイ・・・

なんだか、ラストに迫ってきた頃から、
ダーリンと、ガックリした記憶があります。


メモ

2005年03月19日

グラディエーター(2000)


《公開時コピー》
いま、ヒーローは立ち上がる


なんといってもコモデゥス(兄リヴァー・フェニックス)の、
豪華な真っ白い衣装がイカレ具合を、強調させています。

それぞれの衣装が、とっても綺麗です♪

でも、それだけ。メモ
posted by ルチダ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ● 時代劇 ・ 史劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

ダンテズ・ピーク (1997)

こんにちは〜

ピアース・ブロスナンは、男前です。

天然温泉で入浴するカップルは、
微笑ましいです。フフフ

察しの良い方は、次に起こる事が予想できるだけに、
ドキドキしてしまいますよね。

「中学の先生が言っていた
 『沸騰したお湯に蛙を入れると直ぐ飛び出すが、
  水のなかに蛙を入れ、沸かしていくと、
  蛙は煮立ってきても気づかず死ぬ。』」

う〜ん、想像したら、気持ち悪いです。

普通かな?


【TB先】
REAL LIFEさん
>ミニチュアやきっと使っているであろうCGの出来映えが素晴らしいので・・・
なるほどと、唸りなってしまうレビューですメモ
posted by ルチダ at 20:27| Comment(4) | TrackBack(2) | ● パニック (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

クリーチャー (1985)

『クリーチャー (1985)』

土星の衛星タイタンで、調査隊が20万年前の遺跡を発見したまま消息を絶ってしまう。

メモ
posted by ルチダ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ● ホラー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウリング III<未> (1987)

有袋類の狼人間には、父と共に流石に絶句。

メモ
posted by ルチダ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ・吸血鬼・狼男・フランケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウリング II<未> (1985)

チェコスロヴァキアの古城を舞台に人狼族と人狼ハンターの戦いを描く。

メモ
posted by ルチダ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・吸血鬼・狼男・フランケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウリング (1981)

『ハウリング (1981)』

昔好きで観ていた。

今見ると、どうなのだろう?

メモ
posted by ルチダ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ・吸血鬼・狼男・フランケン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀 (1986)

ハワードなるアヒルの着ぐるみに感動しました。

面白かったように思うけど、
レビューを見て回ると、散々貶されている。

メモ
posted by ルチダ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ・宇宙人・宇宙生命体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスケット・ケース (1982)

『バスケット・ケース (1982)』


切り離されたシャム双生児の兄を、
バスケット・ケースの中にしのばせる青年。
異様な兄弟の絆と悲劇を描くカルト・ホラーの傑作。

・・・?傑作?

メモ
posted by ルチダ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ● ホラー (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリゲーター (1980)

トイレに捨てられたワニの子供が
下水道で成長して街を徘徊する。


最近またTV放送されていました。
なかなか楽しかったです。

でも、歩くのが遅いので、
よほど鈍くさい人じゃない限り、逃げられる。メモ
posted by ルチダ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ● パニック (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスター・パニック (1980)

『モンスター・パニック (1980)』


『大アマゾンの半魚人 (1954)』は間違いでした。
すみません。

ダレニ、謝罪シテルノ?
「大アマゾンの半魚人」さんにです。

アマゾンでも昔の名作として再販されていましたので、
「あれが、名作?」と、悩んでおりましたが、発見しました。

『モンスター・パニック (1980)』です!
今度は誤認逮捕ではありません!

婦女子を遅い、妊娠させ、出産はお腹を破って生まれる

女性だけが痛い思いをする映画です。最低!

メモ
posted by ルチダ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ● パニック (その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。